ノンカフェインの便秘に効果のあるお茶

放っておくとこわい便秘。お腹が張って不快というだけではなく、
肌荒れ、肥満の元にもなり、慢性化すると腸の病気を引き起こしてしまいます。

そんな便秘に効果が高いのが便秘茶です。
天然素材を複数種類配合したお茶で、自然にすっきりすることができるんですよ。
健康的に便秘を解消したいという人が選ぶ便秘茶ですから、
体に配慮してカフェイン抜きというものも用意されています。

便秘茶はノンカフェインが効く!

どうして便秘は慢性化してしまうのでしょうか。
それは腸内環境の悪化に原因があります。
便秘をこじらせてしまうと、排せつ物が腸内に留まり、腐敗が進んでいまいます。
するとそこから有害ガスが発生し、体全体に悪影響を与え始めるのです。
有害ガスとは臭いの強いおならのこと。強い臭いは腐敗臭だと言えるでしょう。


健康な腸には善玉菌が多く存在しますが、腸内環境が悪化すると悪玉菌が増えてしまいます。
悪玉菌は、腸の栄養吸収や便を排泄するぜん動運動を阻害し、
肌荒れや免疫を低下させる要因にもなります。
加えて新陳代謝も落ちてしまうことから、老化を促進させてしまうことにもなりかねません。


便秘を解消するには便秘茶がオススメです。
便秘茶は薬とは異なり、
無理矢理ぜん動運動を起こして強制的に便を排出させるというものではありません。
薬による強制的な排出は、下痢や腹痛の副作用を伴い、腸の作用をますます弱めて便秘を悪化させてしまいます。


しかし便秘茶なら、
天然素材を用いて腸の働きを回復させていきながら、健康的に便秘を解消することができますす。
自然な便の排出に必要な水分と食物繊維を摂取しながら、肌によいビタミンや体を錆させない成分なども同時に取り入れることができるのです。


中でも痛快麗茶はノンカフェインの便秘茶です。
カフェインには覚醒作用と利尿作用があるため、便を軟らかくするために必要な水分を体内にとどめておくことができません。
コーヒーのがぶ飲みを止めたら便秘が少しましになったということもあるように、
カフェインは避けた方がよさそうです。
ノンカフェインの便秘茶なら就寝前にも飲めますし、
妊婦さんや授乳中の女性にも安心して使用することができますね。


痛快麗茶は麦茶のような味わいで、毎日のお茶として飽きずに飲むことができます。
便秘の解消と共に肌の調子がぐっと良くなることを実感されている方も多く、
美容と健康を叶えてくれる便秘茶として愛されています。


ノンカフェイン便秘茶の特徴とは?


1.カフェインは覚醒作用や利尿作用があり便に必要な水分を奪ってしまう!
2.ノンカフェインの便秘茶なら妊婦さんや授乳中でも安心して飲める!
3.ノンカフェインの痛快麗茶はビタミンや食物繊維、滋養強壮の成分まで配合!