授乳中でも安心な便秘に効くお茶

授乳中は、母乳に水分がとられて便秘を引き起こしてしまいがちです。
しかも赤ちゃんのお世話に忙しく、
便意を感じた時にすぐトイレへ行くことも難しいものです。
腸がぜん動運動を起こし、便を排出しようとするのに対し、我慢してしまうということが続くと、
腸の動きがどんどん悪くなって便秘が慢性化してしまいます。

授乳中は赤ちゃんへの影響もあるため、便秘薬の使用は絶対に避けましょう。
赤ちゃんがいても安心して使える便秘茶なら、安心・安全です。
授乳中のママの心強い味方となって、便秘を解消してくれるでしょう。

授乳中には優しく作用する便秘茶が安心!

妊娠中から体や体質が大きく変化し、
授乳期においても母乳をたくさん作らなければならない女性の体は、腸の機能が停滞しがちで、
慢性の便秘症を抱え込んでいる人も多いでしょう。
授乳期は特に母乳に水分が奪われ、便が硬くなってしまいます。
便が硬くなると自然な排出が難しくなり、腸に長く留まって有害なガスを発生させてしまいます。
腸内がガスで満たされ、便が腐敗することによって、善玉菌が減少し、
悪玉菌が増殖してしまいます。
そのため便秘はどんどん慢性化して、お腹が張って苦しくなったり、
産後太りの遠因にもなってしまいます。


いくら便秘がひどいと言っても便秘薬に頼るのは決して良くありません。
母乳を通じて、母親が摂取しているものが赤ちゃんにそのまま渡ってしまいます。
便秘薬に含まれる成分によって、下痢やおう吐などの副作用が赤ちゃんに起こってしまう危険性があるのです。


そんな授乳中のママでも安心して使えるのが便秘茶です。
便秘茶は天然素材をブレンドした体に優しいお茶。
便を外に排出する腸のぜん動運動を促進させる天然ハーブ、キャンドルブッシュを中心に、
様々な有効成分がブレンドされています。
適度に水分をとりながら、
食物繊維や、美肌に効果のあるビタミンCなどを天然の茶葉から摂取することで、
腸内環境を正常に戻すことができ、自然なお通じが可能となります。


特にオススメなのが「痛快麗茶」「スルッティー」「桃花スリム」です。
「痛快麗茶」と「スルッティー」はノンカフェインのお茶なので、授乳中のママにぴったり。
また残留農薬の検査も厳しく行われているので、安全性も約束してくれます。
「桃花スリム」は女性に人気のフルーツティーテイストで、忙しい育児の合間でも、ほっと一息つかせてくれます。
ストレスも解消してくれる便秘茶で、自然なお通じを取り戻していきましょう。


授乳中に便秘茶がいい理由!


1.授乳中は母乳に水分を取られるため便が硬くなり便秘になりやすい!
2.ノンカフェインで優しく作用する便秘茶なら安心・安全!
3.フルーツティーのような便秘茶で育児のストレスも解消しよう!