ヨーグルトと便秘のお茶どっちが効く

朝食にヨーグルトを食べる人は多いかもしれませんね。
ヨーグルトは健康にもよく、自然なお通じに繋がるイメージがありますが、
果たしてそれは本当なのでしょうか。

便秘に悩む人にとって冷えは大敵。
ヨーグルトによってお腹を冷やしていることに無自覚ではありませんか?

一方、便秘に効果の高い便秘茶は、体を温め、
血行を良くすることで便秘解消に一役かっています。
どっちが本当に便秘に効くのか検証していきましょう。

ヨーグルトをやめて便秘茶を!冷えが招く便秘の慢性化

毎日ヨーグルトを食べているのに、便秘が少しもよくならない…。
そんな悩みを抱えている人は案外多いのではないでしょうか。
ヨーグルトには腸の善玉菌となる乳酸菌を多く含む食品として認知されています。
しかし、日本人の腸と必ずしも相性がいいとは言えません。
歴史的にも日本人は乳製品と馴染みが薄く、近年になって摂取量が増えている状態にあります。
中には乳糖の分解酵素を持たない人もおり、
乳製品を食べるだけでお腹をこわしてしまうということもあるほどです。


必ずしも相性が良いとはいえない日本人の腸とヨーグルトですが、
もうひとつ大切なことがあります。
それはヨーグルトによって冷えを招いてしまい、腸の活動が鈍くなってしまうことです。
腸の動きが悪くなると、便を外に送り出す正常な動きが滞るため、
便の腐敗が進んでしまいます。
これではいくら乳酸菌を送り込んでも意味はありません。


便秘茶は便秘解消に効果の高い天然素材を、バランス良く配合したハーブティー。
温かいお茶として天然成分を無理なく取ることで、血行を良くし、
機能が低下した腸の活動を促すことができます。
体を温めるショウガや、便をまとめる食物繊維、便の排出力を高めるキャンドルブッシュ、
細胞を活性化させるビタミンなどを理想的な形で配合し、
自然なお通じによって便秘を改善していくことができます。


また便秘解消には水分を適度に取ることも大切です。
寝ざめの一杯や、食事のお伴、午後のほっと一息つきたい時などに便秘茶を取り入れるだけで、
無理なく自然に、便秘解消となる生活習慣が身につきますよ。


本気で便秘解消したいのなら!


1.ヨーグルトは日本人の腸には不向きで冷えを招く!
2.腸の運動を促進するためには温かい便秘茶を飲もう!
3.便秘茶なら便に必要な水分を無理なく摂取しながら体全体をサポート!