乳酸菌サプリと便秘茶選ぶならどっち?

腸内の善玉菌を増やし便秘を解消するには、
乳酸菌サプリが良いとよく耳にします。
一方、頑固な便秘をすっきり改善することができるアイテムとして最近注目されているのが便秘茶。

便秘に悩む人にとっては、
どっちが本当に良く効くのか、知りたいところですよね。
そこで、乳酸菌サプリの特徴と便秘茶の効果を具体的に比べながら、
どっちを選べばいいのか、アドバイスさせていただこうと思います。

すっきりできるのは乳酸菌か便秘茶か?

乳酸菌は、腸の正常な働きを支える大切な物質です。
一般的に善玉菌と呼ばれる乳酸菌にはたくさんの種類があり、
代表的なものとしてビフィズス菌、ラブリ菌、カゼイ菌などがあります。


腸内環境を健康に保ち、便秘知らずな体に導くためには、
善玉菌である乳酸菌をたくさん増やす必要があります。
乳酸菌は便を排出する際に必要なぜん動運動を支えて、自然なお通じを促してくれます。
また便から水分が抜けて硬くなることを防ぐ働きもあるため、
慢性化しがちな便秘を改善してくれます。


その乳酸菌のエサとなるのが食物繊維です。
乳酸菌は生きものなので、ただ摂取するだけではあまり効果がありません。
第一、便秘に悩む人の腸は既に悪玉菌が優勢となっている状態ですので、
乳酸菌をサポートする成分をしっかり補わなければ、たちまち悪玉菌に抑えられてしまいます。


また、種類の多い乳酸菌は、相性も人それぞれで、
自分にあった乳酸菌を摂取しないと効果が薄いというデメリットも抱えています。


一方便秘茶は、20種類前後の自然素材から成るハーブティです。
便秘茶に使用されている成分の中でも有名なキャンドルブッシュは、
東南アジアなどで1300年も昔から便秘解消に愛用されてきました。


便秘茶はそのキャンドルブッシュを中心に、
ビタミンやミネラル、食物繊維などを含む天然素材を独自のバランスで配合しています。
体の機能を活性化させ、
体が持つ本来の力で腸内環境を理想的な形へと導くことができるのが便秘茶なのです。


便秘に効くお茶というイメージでは、
味もさぞ苦くて臭いもきついのだろう…と思われがちですが、
そんなことはまったくありません。
フレーバーティーのような華やかな風味のものから、
万人受け間違いなしの麦茶風味のものまであります。
毎日飲むお茶だからこそ、無理なく長く続けられるというのも良いですね。


体が喜ぶ便秘茶で便秘を改善!


1.様々な種類がある乳酸菌は相性によって効果にばらつきが出る!
2.先人の知恵を生かした天然ハーブの便秘茶なら自然なお通じが可能!
3.便秘茶は食物繊維やビタミンなどを同時に摂取できるから効果が高い!