オリゴ糖と便秘茶どっちがいい?

便秘対策に効果があるとされている商品は様々あり、一体どれを選べばいいのか分からないという声も多いです。

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善することができるというオリゴ糖。
そして毎日お茶替わりに飲むだけで便秘がすっきり解消するという便秘茶。

そのふたつの効果と効能を比べながら、
便秘改善に役立つ情報を提供していきたいと思います。

オリゴ糖?それとも便秘茶?疑問にお答えします!

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、
腸内環境が崩れてしまうと悪玉菌が優勢となって、便秘を引き起こしてしまいます。


オリゴ糖は善玉菌のエサとなる成分です。
オリゴ糖をたくさん摂取することで便秘が解消されるというのは、
弱っている善玉菌を支え、善玉菌の増加を手助けする効果によるものなのです。


オリゴ糖は、一般的な砂糖やブドウ糖などに比べると血糖値に影響を与えません。
エネルギー量で表すと、ブドウ糖は1gあたり4kcal。
オリゴ糖は1gあたり2kcal程度となり、ブドウ糖の約2分の1のカロリーとなります。
しかしいくらカロリーが低く血糖値に影響が少ないとは言え、糖であることにかわりありません。
体に良いというオリゴ糖でも過剰摂取すると、血糖値が上昇し、肥満の原因にもなってしまうのです。


一方便秘茶とは、日々のお茶替わりに飲むだけで便秘を改善することができるハーブティのことです。
天然原料から茶葉を配合し、総合的なアプローチで便秘を解消していきます。


便秘の原因は水分不足や血行不良が指摘されており、食物繊維を多く摂取することも重要です。
温かい便秘茶を飲むことで、血行が促進され、水分を適度に補うことができますね。
便秘茶には食物繊維を多く含むゴボウや、
体を温め血行を良くするショウガなどが含まれているものがあり、
善玉菌をサポートするだけでなく、体全体の調子を整えながら腸内環境を改善していきます。


便秘茶には紅茶やハーブティーのように味わえるものから、癖のないすっきりとした味わいのものまで様々あります。
甘味と相性の良い便秘茶にオリゴ糖をスプーン一杯程度加えて飲むと、
便秘解消に相乗効果も期待できそうです。
それぞれの特徴を生かしながら、自分に合った無理のない便秘解消法を見つけられるといいですね。

だから便秘茶がいいんです!


1.オリゴ糖には腸内の善玉菌を増やす効果がある!
2.便秘茶は水分と食物繊維の補給や血行促進などによる総合アプローチで効果抜群!
3.便秘茶にスプーン一杯のオリゴ糖で相乗効果!