妊婦の便秘に効く便秘解消法

便秘とは縁の無かった人でも、妊娠を期に便秘症となる人は多いです。
妊婦健診の際には医師から便の調子を尋ねられることもあり、便秘がひどい場合には薬が処方されることも。
もちろん赤ちゃんには影響のない薬ですが、妊娠期こそできるだけ自然体でいたいものです。
いくら安全な処方薬とはいえ、薬に頼っていると腸の排出力が落ちて、結果的に便秘が悪化してしまうことにもなりかねません。
食物繊維やビタミン、酵素などを豊富に含む便秘茶で、自然に便秘を改善していきましょう。

妊婦さんに朗報! 安心安全な便秘解消法とは?

なぜ妊娠すると便秘になるのでしょうか。
それは、赤ちゃんを健やかに育むために、ホルモンバランスが変化することに原因があるのです。


妊娠すると体は赤ちゃんを育むために、プロゲステロンという黄体ホルモンを大量に分泌します。
黄体ホルモンは赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜を分厚くする役割を持ちます。
黄体ホルモンは赤ちゃんを守る働きをする一方で、
母体の腸の動きを悪くしてしまうことが指摘されており、
それが便秘の引き金となってしまうのです。


また、子宮や胎盤が発達することで、腸が圧迫され、便が出しにくくなるということも関係しています。さらに、体内の水分を赤ちゃんに分け与えるために、
便の水分量が落ちてしまうことも要因のひとつと考えられています。


妊娠期の便秘は妊婦さんのほとんどが経験するものです。お腹が大きくなるにつれて、排便がしにくくなり、便秘を悪化させてしまいがち。
便が正常に排出されなくなると、腸の中で便が腐敗してしまいます。
便秘は万病の元とも言われ、赤ちゃんのためにも健康な腸環境を維持することはとても大切です。


妊娠期は、薬や副作用のあるものはご法度です。
安全に、そして体に良いものを選んで便秘を改善していきましょう。


そんな妊婦さんに最適なのが、便秘茶。
天然の食物繊維やビタミン、酵素などを含む体に優しいお茶で、便秘を改善することができます。
便秘茶とは言っても、最近ではフルーツの香りがするものや、紅茶のようにおいしく飲めるものもあります。
もちろんカフェインゼロで、赤ちゃんにも安心です。


妊娠期はお腹の赤ちゃんのためにも体を温め、血行を良くすることが大切です。
また母親の精神状態が赤ちゃんに伝達することは医学界でも報告されており、
温かいお茶でストレスを解消しながら、心と体をリラックスさせてくれる便秘茶で、便秘を改善していきましょう。

妊娠期だからこそ便秘茶がいい!


1.妊娠期は腸の活動が弱くなるため温かい便秘茶でサポートしよう!
2.天然食物繊維やビタミン、酵素を摂取しながら便秘が解消できる!
3.赤ちゃんのためにも心と体を優しく癒してくれる便秘茶が最適!