便秘と肌荒れの関係

顔にできるいや~なぶつぶつ。大人ニキビや肌荒れの原因は様々ですが、
便秘が深く関係していることは確かです。
便は体の不用物質であり、長い間腸に溜めこむことで腐敗が進みます。
そう、便秘は美肌の天敵である有害物質を、体内で増殖させてしまうことになるのです。
肌荒れの解消には便秘対策が必須なのですよ。

放置は危険!肌に悪循環を呼ぶ便秘

顔に吹き出物や肌荒れが現れると、睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどが思い浮かびます。
肌荒れは体の不調のサイン。特に腸環境が肌に与える影響は深く、
便秘が肌荒れを引き起こしているケースが多いのです。

便秘が引き金となる肌荒れの場合、いくら高価な化粧品や塗り薬を使っても効き目は期待できません。
一つ消えてもまた一つ現れるということを繰り返しているうちに、
吹き出物跡が色素沈着を起こし、最悪の場合、シミとなって肌の上に残ってしまいます。

腸には乳酸菌などの善玉菌が存在しますが、便秘によって悪玉菌が増殖し、
腸内菌のバランスが崩れてしまいます。
そのため、腸の活動が弱くなってしまい、
何日も腸に留まることになった便の水分がどんどん抜けて便秘を悪化させてしまいます。
この悪循環に陥ると、腸内で腐敗ガスが大量に発生し有害物質が増加。
肌に悪影響を及ぼします。

ひとつの目安として、臭いのきついおならが頻繁に出る場合、
腸がかなりのダメージを受けているということになります。
腸で発生した有害物質や腐敗ガスは、血液に混ざり、全身に影響を与えます。
有害物質を含んだ血液では肌に必要な成分を届けることができなくなるため、
肌の修復や新陳代謝が満足に行えない状態となります。
何だか肌ががさがさする…と思うのは、まさしくここに理由があったのです。

体が不調に陥っているときこそ、副作用の強い薬ではなく、漢方薬に近い便秘茶がオススメ。
例えばコーヒーでも高い利尿作用が認められているように、
便秘茶は便秘に高い効果を示します。
体を温め血行を良くしながら、腸内環境を改善するにはうってつけ。
さらに最近では、便秘と肌荒れの関係性に着目した、
肌荒れを改善するための有効成分を含んだ便秘茶も存在します。

腸と好相性! 便秘茶で便秘解消


1.腸が弱った体に副作用の強い薬は禁物!
2.便秘に効くお茶で腸を温め水分を与えて、腸内環境を改善しよう!
3.美肌効果のある成分を含む便秘茶で肌荒れも解決!